Crisis Management System Check
危機管理体制構築度チェック

多くの企業がインターネットやSNSでの炎上対応、クライシスマネジメント(危機管理)を重要な取り組みであると考えている一方、どのような対策が必要か、現状の体制は十分であるのか、把握していないケースが散見されます。

「危機管理体制構築度チェック」では、企業を炎上などの危機から守るために必要な内容を列挙しました。

以下のチェック項目にご回答の上フォームからご送信頂きますと、ご登録頂いたメールアドレス宛に、貴社の現状の体制が適切であるかの診断結果が送付されます。

現状の体制を把握することはもちろんのこと、今後の取り組みのヒントにして頂けますので、是非ご活用ください。

危機管理体制構築度チェック

※現状の貴社の状況について下記の項目にチェックを入れて診断に進んでください。(全25項目)

従業員(社員、アルバイト含む)に対するSNS利用ルールが設定されている。
SNSの利用ルールが従業員(社員、アルバイト含む)に周知されている。
従業員(社員、アルバイト含む)に理解度テストを受けさせており、SNS利用ルールの理解度を定期的にチェックしている。
従業員(社員、アルバイト含む)のSNSの使い方に関する教育・研修が定期的になされている。
ネット上の炎上、風評被害、誹謗中傷などのリスクに対する理解がある。
ネットの炎上と一部のユーザーからの言いがかりの区別がつく。違いの認識がある。
炎上に繋がるリスクが高い行動や発言を理解しており、定期的に役員管理職向け研修を実施している。
炎上の発生を想定した謝罪会見トレーニングを行っている。
ネット上での自社に関するニュース、口コミ投稿を1日1回以上確認し、問題となる投稿、自社のブランドを毀損する投稿がないかチェックしている。
入社希望者が過去に大きな問題行為を行っていないか、SNSやWebをチェックしている。
取引予定企業の役員が大きな問題行為を行っていないか、SNSやWebをくまなくチェックしている。
WEB・SNS上に誤った情報、過度な誹謗中傷などがあった場合に対応するフロー、決裁者が決まっている。
多くのモニタリングツールではカバーしきれていない、Googleマイビジネスの口コミ、転職者掲示板等も定期的(1週間に1回以上)にチェックしている。
見込み客や入社志願者が検索すると想定されるキーワード(社名、社長名など)を定期的にチェックしている。
企業公式SNSアカウントがある場合、運用ポリシー(ルール)が明文化されている。
※公式アカウントがない場合は「はい」を選択してください。
上記、運用ポリシー(ルール)が実際に正しく運用されているかチェックする体制が整っている。
※公式アカウントがない場合は「はい」を選択してください。
最新の炎上事例が社内で共有され運用ルールに取り入れられている。
※公式アカウントがない場合は「はい」を選択してください。
広告を制作する際に年齢・性別・宗教・信条・人種・出身等、あらゆる受け手に配慮するために、年齢・性別に偏りなく、幅広い人が制作物のチェックに関与し、自由に意見を言える体制である。
公式SNSに投稿する際に年齢・性別・宗教・信条・人種・出身等、あらゆる受け手に配慮するために、年齢・性別に偏りなく、幅広い人が制作物のチェックに関与し、自由に意見を言える体制である。
インフルエンサー・タレントを起用する際、過去の投稿及び素行に不適切なものがないかくまなく調査している。
(他者を過度に批判するような言動の有無、法令違反の有無、倫理的・道義的に問題がある言動の有無)
危機管理対応マニュアルが存在する。
危機管理対応マニュアルに沿って実際に活動している。(実際に運用されている)
危機管理対応マニュアルが年に1回は見直しされている。
有事の際に迅速に相談できる外部のパートナー(弁護士、危機管理広報、モニタリング事業者など)を選定し、打合せ済である。
部長以上の役職者が危機管理の対応にあたっている。

Contact
お問い合わせ

  • お電話での
    お問い合わせ

    内容の大小に問わず、
    お気軽にお尋ねください。※法人専用
    (受付時間 9:00 ~ 18:00 ※土日祝除く)

    03-3275-6646

    フォームでの
    お問い合わせ

    ご不明点やお悩みなど、お気軽にお問い合わせください。
    専任担当者からすぐに折り返しご連絡致します。

    お問い合わせ

    お役立ち資料

    サービス紹介、会社案内、研究報告等の豊富な資料を
    ダウンロードして頂けます。

    ダウンロード