Report
炎上事例/デジタル・クライシス事例レポート

世界的ヒットのアニメ映画がステマ騒動で「炎上」!
WEBマーケティングに欠かせないクリエイティブ・リスク診断とは?

2020年2月28日

世界的ヒットのアニメ映画がステマ騒動で「炎上」!WEBマーケティングに欠かせないクリエイティブ・リスク診断とは?

「土用の丑の日」と聞いて、何を連想しますか?
やはり、「鰻(うなぎ)」を思い浮かべる人が多いことでしょう。
しかし、なぜ土用の丑の日に鰻を食べるのか、その理由までご存知の方は案外少ないかもしれません。

諸説あるうち最も有名なのが、江戸時代中期に活躍した平賀源内が広めたという説です。
蒸し暑い夏場になると客足が遠のくことを憂いていた鰻屋の主人。源内に相談を持ち掛けたところ、「本日丑の日」と書いた紙を店の前に貼り出すよう薦められたとか。
思惑通り、この鰻屋は大繁盛。他店もこぞって真似るようになったことから、土用の丑の日に鰻の蒲焼きを食べる風習が定着したと言われています。
ちなみに、源内は1774年に出版された自著「里のをだまき評」で「土用の丑の日に鰻を食べると滋養になる」と記しています。

さて、当時の源内と言えば学者や発明家としてだけでなく、俳人、画家などとしても才能を発揮したマルチな人物。「江戸で知らない人はいない」と評されたほどの人物でした。
現代風に言えば、源内はまさにインフルエンサーだったのです。

つまり、「土用の丑の日」と「鰻」が見事に結び付いたのは、有名人によるキャンペーンが奏功したからとも言えるでしょう。
しかし元を正せば、このキャンペーンは鰻屋の売上アップのための宣伝が目的だったはず。
消費者に宣伝と気付かれないように宣伝行為をしたという意味で、源内の巧みな計らいはステルス・マーケティング(ステマ)に当てはまるという見方もあります。

消費者を欺きかねないステマ 疑われないための対策が必要

もちろん、その頃の社会にはステマという概念など存在しなかったでしょう。
しかし、昨今のWEB上でマーケティング活動を展開する際は、消費者にそもそもステマの疑いを持たれないよう、細心の注意を払うべきでしょう。

最も重要となるのが、外部パートナーなどを起用してWEB広告を多面展開する際のクリエイティブ・リスク対策です。リスク対策に欠けたマーケティング活動でステマ疑惑を招いてしまえば、SNSなどで思わぬ「炎上」を引き起こしかねません。

もし、企業が「炎上」に見舞われれば、どうなるでしょうか?
ブランドイメージの毀損はもちろん、業績や株価などへのダメージも予想されます。

これから紹介するのは、ステマ疑惑が引き金となって「炎上」した企業の実例です。
「炎上」の背景、要因を探りながら、必要な備えを考察していきましょう。

クリエイター7人が同時ツイート 漫画を使って映画を絶賛

「炎上」の発端となったのは、2019年12月3日のTwitter投稿でした。

午後7時頃にアップされたツイートには、世界的にヒットした米アニメーション映画「A」の続編となる新作を鑑賞した感想が、漫画形式で書き込まれていました。

作品を絶賛する記述には、取り立てて騒がれるような文言は見当たりませんでした。しかし、投稿には奇妙な点があったのです。
それは「A」を絶賛する漫画形式の投稿が、ほぼ同時に7人のクリエイター(漫画家)から発信されたことでした。
時刻も内容も、まるで示し合わせたかのように投稿された7人のツイート。
一般アカウントからは「これは体験談ではなく、映画会社が主導した漫画形式の『広告』ではないのか?」とステマを疑う指摘が持ち上がり、瞬く間にSNS上での「炎上」が起こりました。

不自然なまでに足並みが揃っていたにも関わらず、7人の投稿にはいずれも、書き込んだ内容が広告であることを示す「PR」「広告」などの記載はありませんでした。
こうしてステマ疑惑が広がった12月4日、漫画家たちはそれぞれ謝罪のコメントをTwitter上に投稿します。

ところが、これが「二次炎上」を引き起こす要因になってしまいました。
それは、7人の謝罪文がまたしても似通っていたということ。どれも「試写会に招待されたのでPRで描いた」という釈明がつづられ、「一斉に似たような謝罪をしている」と再び批判を浴びたのです。

ステマ疑惑を糾弾する声は収束するどころか、映画の国内マーケティング活動に関与していながら沈黙を続ける大手広告会社にも矛先が向けられました。

映画製作会社も謝罪 ステマ否定も過去に同様のPR

「炎上」が続く状況を受け、映画製作会社の日本法人も謝罪を余儀なくされます。

12月5日、公式サイトに掲載された謝罪文の内容は「PRの表記は記載する予定だったものの、コミュニケーションの齟齬により抜け落ちてしまった」というものでした。

日本法人はTwitter投稿がステマであったことを否定しましたが、一般アカウントには「映画製作会社の本国ではステマが違法である」と指摘する書き込みも出現しました。

追い打ちをかけるように、12月4日から12月8日にかけて新聞やテレビ、インターネットのニュースサイトでも「炎上」騒ぎが相次いで取り上げられました。

マスコミ・メデジアの動き

※自社調べ

その後、ようやく批判は収まったかに見えましたが、日本法人が他の作品をめぐってもステマを疑われる同様の行為があったと認めたことから、「炎上」の勢いは再び強まることになってしまいました。

Twitter投稿数推移

※自社調べ

しかし、ここまでの経緯を知ると、ある疑問も浮かんできます。日本法人が認めたように、漫画を使った宣伝手法はもともと一般的に用いられていました。
SNS上で「♯PR」などの広告表現を明記せずに作品を宣伝するケースも見受けられましたが、こうした漫画PRを批判する投稿は存在しなかったのです。

「炎上」が「炎上」を呼ぶSNSの特性

ではなぜ、今回の漫画PRがやり玉に挙げられたのでしょうか?

遡ること2カ月ほど前。大きな話題になったのが、人気漫才コンビが関わったステマ騒動でした。

コンビは関西のある自治体から報酬を得ながら「PR」「広告」などの表記を明示せず、この自治体の施策などをプロモーションする内容のツイートを繰り返していたことで批判されました。

さらに、漫才コンビの事案と前後しては、「血液クレンジング」と称される療法を推奨する複数の著名人のツイートも宣伝の意図を隠していることが疑われるなど、ステマに対する注目度と厳しさが強まっていたのです。

同様の傾向は、「バイトテロ」をめぐる現象にも見受けられます。
2019年2月、大手回転寿司チェーンのバイトスタッフによる不適切行為の動画が拡散した後、WEB上ではバイトテロを糾弾する動きが活発化。

炎上の背景について(炎上のトレンド)

それまで注目されていなかった不適切行為が次々にピックアップされ、「炎上」に発展するケースが確認されました。

診断項目は70以上!
シエンプレのリスクチェックで「炎上」防止を

①過去に成功していた広告手法をそのまま踏襲した。
②ユーザーの興味・関心の変化を見抜けず、ステマの危険性に注目しなかった。
③世の中の炎上事例に精通し、トレンドを押さえたチェックを実施する必要があった。

広報・プロモーション活動を通じてステマを疑われないようにするためには、専門知識に基づいたクリエイティブ・リスクのチェックが欠かせません。

シエンプレでは毎日収集した「炎上」事例をデータ化して保存、さまざまな企画・制作物を「炎上」データベースと照合し、アナリストが「ステマ」などを含む70以上の項目でリスク診断を実施します。

ちなみに、今回の漫画PRを評価したところ、リスクは「高」という結果が出ました。
このように、「炎上」の火種や予兆を総合的に調査・診断する体制を構築していれば、漫画PRのような事態は防げたに違いありません。

デジタル・クライシス対策に関するご相談は、予防・監視から対策まで一貫してお任せいただける弊社に、ぜひお寄せください。

お問い合わせ

会社名: 必須
お名前: 必須
メールアドレス: 必須
電話番号:
お問い合わせ・ご相談内容: 必須
個人情報の取り扱いについて

1.利用目的
当社が取得する個人情報とその利用目的は以下のとおりです。
個人情報の種類および項目:
当社が運営管理および委託するWebサイトにおける
-入力送信された個人情報(会社名、部署名、氏名、メールアドレス、電話番号など)
- 閲覧したWebページ等のデータ(個人情報と紐付けて取得しています)
-セッション管理のためのCookie情報

利用目的:
当社は、取得した個人情報を以下に定める利用目的のために利用致します。
なお、以下に定めのない目的のために個人情報を利用する場合、予め本人の承諾を得た上で、これを利用するものとします。
・商品・サービスの提供、変更又は停止のためのご本人確認、商品・サービスの提供に伴う対価の請求、その他サービスの提供に関連する付随業務の遂行
・提供する商品・サービスに関する情報の案内
・新商品・新サービスの検討及び開発
・サイト運営設備並びにこれらに附帯する設備の開発、運用及び保守
・マーケティング調査その他の調査研究マーケティング業務
・懸賞及びキャンペーン等の実施
・個人情報保護法に基づく開示請求等その他お客様からのお問い合わせやご相談への対応
・株主の管理
・従業員等の雇用及び人事管理
・転職希望者の転職活動支援

2.個人情報の第三者提供
当社は、個人情報保護法その他関連法令に定めのある場合を除き、本人の同意を得ることなく、当該本人に係る個人情報を第三者に提供しないものとします。

3.個人情報の外部委託
当社は、その取得した個人情報の取り扱いの一部又は全部を第三者に委託する場合、当該第三者の調査を厳格に行ない、取り扱いを委託した個人情報の安全管理が図られるよう必要且つ適切な監督を行なうものとします。

4.個人情報の安全管理
当社は、個人情報の漏洩、滅失又は毀損を防止その他個人情報の安全管理のため、必要且つ適切な措置を講じるものとします。

5.個人情報の開示、訂正、利用停止等に関する手続き
当社は、個人情報保護法の定めに従って個人情報の開示、訂正等に係る請求を受けた場合、速やかにこれに応じるものとします。但し、請求を受けた個人情報と請求者の本人確認ができないときは、この限りではありません。

個人情報保護方針、個人情報の取り扱い及び苦情及び相談に関するお問い合わせ先については、以下にご連絡下さい。
シエンプレ株式会社 管理部 個人情報管理責任者
〒104-0031 東京都中央区京橋2-5-17 京橋SKビル3F
TEL:03-6673-4652

Contact
お問い合わせ

  • お電話での
    お問い合わせ

    内容の大小に問わず、
    お気軽にお尋ねください。※法人専用
    (受付時間 9:00 ~ 18:00 ※土日祝除く)

    03-6673-4652

    フォームでの
    お問い合わせ

    ご不明点やお悩みなど、お気軽にお問い合わせください。
    専任担当者からすぐに折り返しご連絡致します。

    お問い合わせフォーム